鹿児島発!うんめぇ肉.jp
ようこそ ゲスト 様。会員登録はこちらからどうぞ。
トップページ お買い物かご マイページ お客様センター

Ginza Net Times 2014.1 Vol32に「鞆の浦コロッケ」が紹介されます。

鹿児島ブランド

鹿児島黒牛について
鹿児島黒豚について

厳選ギフト
せとうち商店

厳選ギフト せとうち商店

食肉の専門家 酒井信広について

食肉の専門家 酒井信広について

出発点は大阪梅田

今から27年前、私の出身地である・大阪は梅田、阪急百貨店内の精肉店において、酒井信広の「肉屋」としての履歴がスタートしました。

当時より関西食品販売業界の第一線をひた走る阪急百貨店内食品フロア。当時18歳の私はそこで、経験豊富な「肉のプロフェッショナル」である先輩達に厳しくも温かいご指導をいただき、食肉についての知識やさばき方などを、とにかく無我夢中で覚えていきました。

数年ののち同社を退社。さらに食肉事業に対する理解と実務的な技術を深めるため業界内 を渡り歩き、その間、実にさまざまな方々に教えを乞いました。

そして32歳のとき、業界で知り合った友人からの誘いを受け、現在居住している広島県福山市に移住。さらに食肉の専門家としてのキャリアを積んでまいりました。

そののち、弊社・有限会社福山畜産設立までの期間にも、実に様々な人々との出会いがあったのですが、この間に当オンラインショップ開設の一因ともなる鹿児島の人々との出会いがあり、このことが私と鹿児島との縁をますます深めていくことになります。

0

黒毛和牛(鹿児島黒牛)を
切る酒井

黒毛和牛(鹿児島黒牛)を
切る酒井

黒毛和牛(鹿児島黒牛)を
切る酒井

0

鹿児島肉への思い入れ - 黒豚しゃぶしゃぶとの出会い

もう10年以上前の話になりますが、仕入の関係で、私が直接 鹿児島に出向いた時のことです。

いつものように牧場や加工工場の視察、取引先との打ち合わせなどを終わらせ、昼食を取るため取引先の方の案内で料理屋に入りました。

そこで私は衝撃を受けました。「豚バラのしゃぶしゃぶ」に出会ったのです。

「しゃぶしゃぶに、豚バラ?」。今でこそ豚バラのしゃぶしゃぶ肉が、一般的に出回っていますが、一昔前はしゃぶしゃぶ用の肉といえば、肩ロースかロースで、豚バラ肉なんてものは、どこにも売っていませんでした。

しかし、鹿児島では違いました。脂身が赤身の「赤肉」に対して「白肉」と呼ばれるほど良質で旨味がある黒豚ならではの調理法といえば確かにそうなのですが、その理にかなった調理方法に対してよりも、ただ単に「こういう食べ方もあるのか」ということに私は衝撃を受けました。

今にして思えば、勉強の足りない若かりし頃の苦い思い出でもあるのですが、あの時の衝撃と、食べたときの感動は、今でも忘れることが出来ません。

0

黒毛和牛(鹿児島黒牛)を
切る酒井

黒毛和牛(鹿児島黒牛)を
切る酒井

黒毛和牛(鹿児島黒牛)を
切る酒井

0

全国の食卓に感動を届けたい

もし鹿児島に行かなかったら、その料理屋に案内されなかったら、もっと言うと私を連れて行ってくださった取引先の担当の方がおられなかったら・・・。いずれ私は「豚バラのしゃぶしゃぶ」を知ったと思いますが、それではあの時、あの瞬間の感動はなかったように思います。

まさに、人と人とのつながりこそが、私と鹿児島の食材との出会いのきっかけだったのです。これは本当にありがたい話です。

この出来事があった以降も、様々なことで、私の鹿児島の食材への想い・信頼度は高まりました。

そして、その流れの中で、より多くの方に私の愛する鹿児島の食材を知っていただきたい、召し上がっていただきたいと思いインターネットを利用した販売に至った次第です。

なお、当店サイト名にある「うんめぇ」とは、鹿児島の方言で「美味しい、うまい」を指す言葉です。関西生まれのせいもあって、私は関西弁をつかうのですが、当店サイトはあくまで鹿児島の商材にこだわったサイトであるため、ここではあえて鹿児島の言葉を使用いたしました。

当店をご利用くださる全てのお客様の、それぞれのご家庭の食卓に感動をお届けすること、それが私の使命です。私・酒井信広が自信を持って選びに選んだうんめぇ肉、日本一の畜産王国である鹿児島県の良質の肉を、どうぞ思う存分ご堪能ください。

最後までお読みくださり、誠にありがとうございました。

有限会社福山畜産 酒井信広

0

△ ページ上部へ戻る